読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもり支援鈍報 in はてな

珍しい食べ物が食べたい

ネタ

三題噺で遊んでみた「人工 リモコン レストラン」

「人工知能搭載ロボットの導入ねえ……」私は悩んでいた。初期費用はかかるものの、維持に金もかからず人件費を削減できるロボットを、自身が開業する予定のレストランに導入するかどうかを。

ラップに目覚めた時にオススメのサービス。これさえあればいつでも韻が踏めるぞ

ネットサーフィンしていたら、たまに「ラッパーになりてぇなオイ」って思うことがあると思う。多分、みんな1度はHIPHOPで飯を食っていこうと思ったことがあるんじゃないだろうか。 今日は、そんなはてなラッパーになりたい人たちにオススメのサービス…

日本語の誤用って、市中引き回しの上打ち首獄門にするほどの事なのだろうか

ブログやTwitterもそうだが、何らかの手段を使って情報を発信していく人間は、少なからず言葉遣いに気を付けているだろう。ぼくも至らぬところはとても多いが、外部に情報発信する際は自分の発信する言葉に対して少し気を遣っている。 さて、どんなに気を付…

昔話「シンデレラ」が、ブロガー風にアレンジされて輸入されていたらこうなる

久しぶりにこのシリーズの執筆にかかる。今回、タイトルのようにアレンジしたいと思った理由は、たまたまネットサーフィンをしていた時のこと。 いつものように昔話シリーズの元ネタ探しにふけっていると「シンデレラもええやん」、と思いwikipediaを漁るこ…

ニートと学ぶ不能犯 「水鉄砲で殺人未遂にできるのか?」考えてみた

この記事は試験勉強のための知識であったり法律的な知識が深められるような内容は一切含まれていない。 ぼくが本を読みながら思ったことをゆるくダラダラと書き連ねているだけなので、ぶっちゃけそういう目的の人には役に立たない記事であると予めことわって…

卵かけごはんは美味い。TKGを崇めよ

卵かけごはんはマジで美味い。何杯でも行ける。 ご飯にたまごと醤油をぶち込んでかき混ぜるだけのお手軽さも、幅広い年代層に受けている理由だと思う。料理の腕前も一切必要が無い。必要とされる技術はせいぜい、卵の殻が入らないように気を付けることくらい…

昔話「赤ずきん」の世界におーぷん2chがあったらこうなる

こんにちは 昔話シリーズも4作目となりました。ぼくです。 このシリーズは、元ネタとなる有名な昔話が尽きるより先に、ぼくのネタのバリエーションの方が先に枯渇してしまいそうです。といっても、思いついてからダラダラと書きなぐっているので、思いつか…

本を読まない引きこもりニートと学ぶ「売れるビジネス書」の名づけ術

こんにちは 実用書や自己啓発本を買っただけでなんか強くなった気がしているだけの人、ぼくです。 注意書き:この記事は真面目な調査に基づいた考察でもなんでもないので、ゆるい気持ちで読んでやってください ぼーっと、amazonなんかでオススメに上がってく…

もし昔話さるかに合戦の書き手がブログの『アフィリエイト』にハマっていたら

こんにちは このブログも、始めて1ヶ月近くになります、ぼくです。 投下する内容のほぼ全てがネタ記事のようなぼくのブログですが、たまには真面目な話だってすることがあるんです、多分。でも今日も安定のネタ記事です。 楠山正雄 猿かに合戦 ストーリーの…

Uターン、Iターン、Jターン、Vターン、沢山あるのでビックリしたってだけの話

こんにちは うっかり自分の行動をスキップしてターンを終了させる人、ぼくです。 Iターン、Uターン歓迎等、バイト情報や就職情報を見ているとチラホラ見かけます。ぼくは最初、ロクにその意味も調べたりせずに「大体こんな感じやろ」といった雰囲気でIタ…

【ネタバレ注意・感想】浦島太郎とかいう昔話を読んだので堂々とネタバレしていく

こんにちは 部屋の片隅でふとんにくるまる亀のような人、ぼくです。 突然ですが、みなさまは浦島太郎という話をご存知でしょうか。ぼくは結構うろ覚えで、とりあえずカメ助けて竜宮城まで連れて行ってもらって、とりあえずタイやヒラメの舞い踊りとやらを眺…

雑学を常識に昇格させるアタリメリストたちの作り出す社会

こんにちは 100万回くらい説明されてもサッカーのオフサイドを理解できない人、ぼくです。 皆さんは自分の"常識"とやらに自信はありますか? ぼくはそんなもん持ち合わせていないです。勉強不足もありますが、他人の趣味であったり流行に関して興味を示す…

現代社会の闇を描いた桃太郎とかいう昔話

こんにちは もらったきびだんごをその場で食べる人、ぼくです。 楠山正雄 桃太郎 桃太郎をご存じない方は、上記リンクを読んで頂くことをお勧めします。 日本に生まれ育った読者の方々にはおなじみの昔話「桃太郎」です。 この物語は大きな桃から生まれた桃…